一春庵

joshua1958.exblog.jp ブログトップ

独坐大雄峰

先日の月釜の反省から始まって、お茶会における客としての心得についてご指導を受けました。亭主の配慮・心づくしを理解し、そこを会話の中心にもっていくことなど・・・

来週、特別稽古があるので、今日は台天目から
全体的な流れは理解しているのですが、台子と混同したり、和物・唐物の扱いが混同していたりする部分がありました。整理する必要があるのですが、頭で考えても難しいので、身体で覚える以外ないと思います。

続いて、色紙点
今日は、拝見有でやってみました。会話をしながらお点前ができるように、今日は極力先生と会話をしながら進めました。蓋の上にあるはずの帛紗を取ろうとしたら、そこに帛紗がない。無意識のうちに、腰につけていました。会話をしながらお点前をするのは難しいですが、これができないと、お茶会ができないので、今後も意識して会話をしながらお稽古をしたいと思います。
[PR]
# by joshua0722 | 2017-03-22 22:49 | 茶 道 | Comments(0)

3月 月釜

千切大根の作業が落ち着いたので、今月から本格的に水屋に入ることが出来ます。でも、前日の掃除は、代搔きのために失礼させていただきました。
今月は、六畳が待合、三畳の台目出炉で続き薄茶、四畳半で点心、最後に八畳に移って花月を楽しみました。三畳は究変一新、四畳半は行雲流水でした。今月は一席のお客様を5名までに制限しましたので、花月をするにもちょうど良い人数でした。レベルは様々でしたが、初めて体験される方、表千家の方もいらっしゃって、皆さんには楽しんでいただいたようです。
今回はお客様が集中することなく、うまく4~5名で席組ができたので、とてもスムーズに進めることができました。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-03-19 20:16 | 茶 道 | Comments(0)

誕生日

今日、59回目の誕生日を迎えました。今夜は、妻が職場の送別会出席のため帰りが遅くなるので、一日早いお祝いを、昨夜してもらいました。
子どものころには、50歳、60歳というと、お年寄りという印象が強かったのですが、そんな年齢になった今、あまり実感がありません。
来年は60歳、いよいよ還暦です。田舎では、数えで60歳(満59歳)で還暦のお祝いをしていましたので、今年ということになるのでしょうが、今年は喪中ということもあり、来年やりたいと考えています。
数年前、先生が還暦を迎え、華甲の茶事をしたのですが、そこまではできませんので、濃茶と薄茶だけの簡単なお茶会をしたいと思っています。そのために、少しずつ道具を選びながら、準備を進めています。
[PR]
# by joshua0722 | 2017-03-17 12:45 | 日常生活 | Comments(2)

無一物中無尽蔵

今日は、三畳台目出炉でのお稽古でした。久しぶりの三畳でのお稽古で、まずは襖の開け閉めで???でした。外からは普通通りなのですが、席中からは斜めに座るので、手が違ってきます。
最初に、続き薄茶
道具の配置は台子と同じということですが、台子がないと雰囲気が違いますので、混乱します。元々狭い部屋でもあるし、点前座が狭く感じました。
続いて、色紙点
先週に続いてのお稽古になりましたが、細かな部分で順番を間違えたり、右・左を間違えた部分がありました。
八畳でのお稽古だと、炉と茶箱を同時進行でお稽古するので、早く終わるのですが、今日は三畳ということで、炉のお稽古が終わってから茶箱のお稽古となりました。姉弟子と私の二人だけでしたが、続き薄茶が2回、色紙点が2回ということで、終わるのが遅くなってしまい、帰り着いたら10時でした。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-03-15 22:24 | 茶 道 | Comments(0)

小鹿田焼

以前から行きたかった小鹿田焼、ようやく行くことができました。朝、6時過ぎに出発し、熊本の通行規制もうまく通過し、予定通り日田に到着しました。以前貰っていたパンフレットでは、インターのすぐ近くだったのですが、よくよく見るとグル~と廻らないといけないので、インターから約30分程かかりました。まず、小鹿田焼陶芸館を見学し、その後周辺の窯元を見学し、市内に戻りました。
昼食に、名物の日田焼そばを食べ、小鹿田焼の販売店を廻り、莨盆の火入れ用に湯呑を一つ求めました。楽茶碗の下に重ねる茶碗を探してはいたのですが、お茶碗はあまりありませんでした。菓子器に使えそうな平皿はあったのですが、ちょっと高かったので今回は諦めました。
温泉にも入りたかったのですが、時間もなかったので足湯で我慢し、近くの公園で持参したお菓子と一緒にお茶を一服いただきました。
宮崎の陶器市で求めたお茶碗の窯元があったので、立ち寄って作品を見せていただきましたが、陶器市のものと同じようなものばっかりだったので何も買わずにそのまま失礼しました。
最後に、お菓子屋を廻り、お茶に使えそうなお菓子を探して、先生へのお土産を購入して帰途につきました。
帰りは、熊本の通行規制の所が渋滞で、予定より大幅に遅れ、帰り着いたのは8時頃になってしまいました。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-03-13 11:20 | 日常生活 | Comments(0)

無事

先週まで大炉だったので、今週から釣釜のお稽古です。今日は学校が休みだったので、午前中にお稽古に行きました。

まずは、初炭手前
ポイントになるのは、鎖の上げ下げですが、今日は数えなくても3つ目、5つ目を決めることができました。

続いて、盆点
先月はやっていなかったので、1か月ぶりなのですが、久しぶりにやったような感じで、忘れていることがたくさんありました。

最後に、色紙点
これも、長くやっていませんでしたが、時間があったので思い切って挑戦しました。籠から道具を出す順番に不安がありましたが、出してしまってからは何となく体が動きました。やはり、忘れる前に、繰り返しやることが大切です。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-03-08 13:21 | 茶 道 | Comments(0)

日新又日新

3月最初のお稽古日、釣釜の準備がしてありましたが、先週の姉弟子のリクエストで、今日まで大炉でのお稽古となりました。

まずは、続き薄茶
大炉でのお稽古になって、毎週やっていますが、何回やっても納得のいくお点前はできません。でも、流れはスムーズになってきました。でも、1年後にどこまで覚えているか???

続いて、雪点前
来週こそは色紙点と思いながら、ついつい楽な方にいってしまいます。本当に、来週こそ色紙点をします。

最後に、五徳を見せていただきました。いつも、何の気なしに見ているものですが、灰に埋もれているのでわかりませんでしたが、江戸時代に造られた立派なもので、大西清右衛門の極めがありました。これを月釜で使ったり、お稽古で使わせていただいていたと知り、ビックリでした。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-03-01 21:49 | 茶 道 | Comments(0)

椿まつり

近所に、椿山という所があります。国内はもちろん、世界中の椿を植えている椿園があり、そこで毎年この季節に椿まつりが開催されています。昨年は、月釜と重なっていくことが出来なかったのですが、今年は行ってきました。以前は、野点での呈茶もあったのですが、最近はありません。
ここでの一番の楽しみは、椿の苗を頂けることです。緑の募金の一環で、募金すると1本いただくことが出来るので、妻と二人で2本頂戴しました。昨年を除いて、殆ど毎年行っているので、我家には様々な椿が増えてきました。お茶を始める前は、見た目だけで選んでいましたが、今は茶花に使えるような花を選んでいます。今年は、卜伴(月光)と胡蝶侘助を頂戴しました。
b0100665_18404084.png
一旦家に帰り荷物を置いて、そのまま植木市に。毎年春と秋に、宮崎神宮外苑で開催されているものです。椿を見てきたばかりということもあり、つい椿に目が行きます。一番気になったのが、玉之浦です。この花は、玉之浦という所で発見されたので命名されたそうですが、ここは私の生まれ故郷のすぐ近くですので、以前から1本は欲しいと思っていました。最初に見た所は2000円、見て回ると1800円、1500円と安いものもあります。最後に見た所で、1000円のものがありました。樹勢もあり、結構大きく、蕾もたくさんついています。結局、買ってしまいました。
b0100665_18411325.png
妻は、杏子が欲しいと言っていましたが、良いのが無くザクロを買っていました。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-02-25 18:41 | 茶 道 | Comments(2)

今年最後の大炉

大炉のお稽古も、今日が最後となりました。来週からは、釣釜です。

まずは後炭手前
大炉の後炭というよりも、後炭そのものを長くやっていなかったので、忘れていた部分が多くありました。課題は、羽根の扱い(初掃・中掃・後掃)と炭の継ぎ方です。炭の継ぎ方が悪くて最後まで火力が上がらず、終わるときに釜を上げて、炭の状態を確認させていただきました。中央に煙突をつくることが上手にできていなかったようです。

続いて続き薄茶
回を重ねてきましたが、やはりお茶とお湯のバランスが上手くいきません。

今月は休みが多かった姉弟子からのリクエストで、来週まで大炉を残していただくことになりました。来週は、大炉と釣釜のお稽古になります。
[PR]
# by joshua0722 | 2017-02-22 22:52 | 茶 道 | Comments(0)

三派合同茶会

昨日、フローランテ宮崎で三派合同茶会があり、お手伝いをしてきました。三派とは、表千家・裏千家・煎茶です。煎茶には、いろいろな流派があるそうですが、今回参加した流派は確認していません。
表千家が1回の交流ホール(講座教室)、裏千家が2階のロビー、煎茶が茶室でした。
前日に大まかな準備をし、当日は8時30分に集合、10時からスタートでした。畳式立礼棚での立礼、棚は三千家が好んだという三友棚を使いました。全員が一度は東・半東を担当するということで、私は1番目にお点前をさせていただきました。
当日は淡交会の研究会も行われているということで、研究会にまだ参加できない皆さんが中心になって担当するということになりました。研究会に出席されていた先生方も、終わってから駆けつけてくださいました。
社中の月釜では、水屋に入ったり、お点前をしたりということはあったのですが、淡交会支部企画のお茶会で水屋に入ったのは初めてでした。初めてお会いする皆さんと一緒に担当しましたので、ちょっと緊張はありましたが、何とかいつもの調子で乗り越えることができました。
後片付けをして、荷物を先生のお宅に運んで、帰り着いたのは6時過ぎでした。
[PR]
# by joshua0722 | 2017-02-20 09:00 | 茶 道 | Comments(0)

千春の音楽、お茶のお稽古、農作業をはじめとする日常生活


by 一春
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite