一春庵

joshua1958.exblog.jp ブログトップ

明歴々露堂々

今日は、テスト期間中で昼間に時間があったことと、家庭の事情で1年間お休みしていた方が復帰するということだったので、ご一緒しようと思い、午前中にお稽古に伺いました。
まずは、灰型
いつもより30分前に伺い、皆さんが来られる前に灰匙を握りました。前瓦の位置が悪く、全体の形がおかしくなってしまいました。まずは、稜線を真っ直ぐにすることが、大きな課題です。
次に、茶箱の和敬点から
今日は片付けも間違わず、スムーズに進みましたので、あっという間に終わりました。
最後に、長緒茶入
先週に続いてのお稽古でしたが、まだまだご指導を受ける部分があります。お点前の流れは問題ないので、細かなことに注意しながらお稽古を続けていきたいと思います。
一通りののお稽古が終わってから、8月の月釜の打ち合わせをして、終わりました。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-05-17 14:14 | 茶 道 | Comments(0)

初風炉

先週お休みしたので、今日が初風炉のお稽古でした。
まずは、初炭手前
準備は何とかできましたが、道具の配置を覚えていません。特に今回は、棚を置いていたので、基本的な動きと少し違います。一つ一つの所作は分かっているつもりなのですが、それが繋がりません。要所要所で助言を頂きながら、何とか終わることが出来ました。
姉弟子の長緒茶入のお稽古を見学した後、茶箱の和敬点
これも久しぶりではありましたが、何とか身体が覚えているものです。ただ、片付けの段階に入って、茶筅・茶巾を筒に戻さずに、そのまま蓋の上に戻してしまいました。それ以外は、大丈夫だったと思います。極力、会話をしながらお点前をすることを意識して、お稽古しました。
最後に、長緒茶入
姉弟子のお稽古を見学していたつもりだったのですが、同じところを注意されてしまいました。小習い事は久しくお稽古していないので、年に1回だけでも復習をしないといけないと、深く反省しました。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-05-10 22:35 | 茶 道 | Comments(2)

縮景園

妻に付き合って広島県立美術館に行ったのですが、その隣に縮景園という庭園がありました。5月4日はみどりの日ということで、庭園は入場無料ということでした。
b0100665_21403459.png
この庭園、元は上田宗箇が造ったものだそうです。その後の大火で造り替えられ、原爆で破壊されたそうですが、戦後復元されたもののようです。数年前に上田宗箇が造った庭園の図面が見つかり、そのジオラマも展示されていました。現在復元されているものは、大火のあとに造られたもののようですが、園内には何か所かお茶室もありました。年に何回か、お茶会も開かれているようです。
帰りに、デパートの地下によって、お菓子を見て廻りました。さすが、広島、耳にしたことのある京都のお菓子屋さんも出店していて、先生へのお土産に一つ求めました。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-05-06 06:58 | 茶 道 | Comments(2)

萩大茶会と萩焼まつり

広島へ行く途中に萩に寄ったのは、萩大茶会と萩焼まつりがあったからです。
表千家・裏千家・遠州流・小堀遠州流の4流派が、萩市内の歴史的建造物や萩城跡にある茶室でお茶会をします。時間的に全部は無理なので、宮崎でも体験できる表千家と裏千家は諦めて、遠州流と小堀遠州流を体験しました。初めて見る武家茶道でしたので、見るもの聞くもの全てが新鮮でした。幸い待ち時間もなく、すぐに席入りが出来ましたので、時間を有効に使うことが出来ました。二つの会場は1kmほど離れていて、シャトルバスもでていましたが、散策を兼て歩いて移動しました。そのあとは、お菓子屋さんを数件巡り、萩焼まつりの会場に移動しました。
会場の市立体育館に、窯元と陶器商が一堂に集まっていましたが、全部を廻る時間もなかったので、お気に入りの窯元である風来坊窯と、宮崎の陶器市にも来ている陶器商、以前購入したことのある陶器商の三か所だけを廻りました。訪れた二軒の陶器商でも風来坊窯の作品に目がいき、結局、枇杷色のお茶碗を買ってしまいました。以前かったのは、かいらぎの白萩だったので、趣の違うものを求めることが出来案した。アンケートに答えたら、籤に当たって、他の窯元の作品を頂くことが出来ました。こちらは、莨盆の火入れに使えそうです。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-05-06 06:46 | 茶 道 | Comments(0)

広島へ

父の13回忌、母の1年忌を4日に行うというので、3日から広島の兄の家に行ってきました。お墓は長崎なのですが、位牌は広島の兄が預かっているので、そちらのお寺にお願いして、法事をしてもらいました。
熊本経由で高速を使って約6時間の予定ですが、連休中の渋滞を予想して、早朝5時に出発しましたが、途中で萩に寄り道したので、広島に到着したのは6時前でした。
翌日、法事は午前中で終わってから、集まった兄姉や甥姪と食事、その後広島市内に出かけました。これまで何度も広島へは行っていますが、兄の家との往復だけで、殆ど市内へは出かけていませんでした。妻が県立美術館に行きたいというので、せっかく広島まで来たのだからということで、電車を乗り継いで行ってきました。
帰りは、時間的に余裕があったこと、熊本方面の渋滞が予想されたことから、今回初めて東九州自動車道(大分経由)を使ってみました。途中、対面通行があるので敬遠していたのですが、車の量が少ないし、昼間なので見晴らしも良く、あまりストレスにはなりませんでした。しかし、サービスエリアで何度も休憩したので、結局8時間かかって帰宅しました。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-05-06 06:26 | 日常生活 | Comments(0)

炉の片付け

4月で炉が終わり、5月からは風炉の季節となります。毎年、先生お一人で炉の片付けをしているのですが、今年は時間が出来たので、行ってきました。
まずは、炉の灰をあげます。八畳に二つ、三畳に一つ、四畳半に一つと、合計4つの炉を片付けました。三畳には、隅炉と向切もあるのですが、今年は使っていません。私が灰をあげている間に、先生がレンガを洗ったり、炭を入れ替えたり・・・
いつもは、風炉でのお稽古が始まる時、「風炉の御準備、ありがとうございました」と何気なく挨拶していたのですが、風炉を準備するためにこれほど手間がかかるとは知りませんでした。今後は、挨拶の言葉も変わりそうです。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-04-29 20:46 | 茶 道 | Comments(2)

葉々起清風

今日は、月に一度の特別稽古

炉での行之行台子も最後になりました。来月からは風炉ですが、どこまで覚えていることやら、不安でいっぱいです。
今回は位置取りを意識して取り組みましたが、要所要所で忘れていることがあります。一つを意識すると、他が疎かになりがちです。
「今日の濃茶は良く練れていて、とても美味しかった」と、お褒めの言葉をいただきました。最近、お茶とお湯のバランスが上手くいくようになりました。でも、いつも二人分を練っているので、人数が増えたときにどうなるか、大きな課題です。
[PR]
# by joshua0722 | 2017-04-26 22:59 | 茶 道 | Comments(0)

内山禅寺

今日は午後から、近所のお寺の掃除に伺いました。ご縁があって、和尚さんと寺庭さんが毎月の月釜にお越しくださいます。明日、毎月恒例の座禅会があるということで、先生ご夫妻が掃除に伺うと聞き、ご一緒させていただきました。先生方は、朝から行かれたようですが、私は午前中に用事があったので、午後のみとなりました。
1時頃に伺ったんですが、ちょうど昼食が終わって、お抹茶を一服いただくときだったので、ご一緒させていただきました。内側は午前中に終わったということで、外回り、庭の掃除となりました。笹の葉、桜の花が散った後の額の部分が多く、境内も狭くはないので、結構時間がかかりました。茶庭の掃除とは違い、一口に掃除と言っても、簡単ではありませんでした。
終わってから、お茶で一服しましたが、掃除の疲れよりも、和尚さんのお話を伺うことの方が楽しみで、病みつきになりそうです。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-04-24 20:05 | 日常生活 | Comments(0)

4月 月釜

まずは、待合の六畳へ。こちらで、主菓子を頂いた後、露地を通って三畳の濃茶席
今回、時間がなくて、濃茶席には入れなかっただけでなく、覗くこともなかったので、全く様子がわかりません。
そのあとは四畳半に移動していただき、点心薄茶
スタッフが少ないので、受付と点心、薄茶と点心と、掛け持ちでの担当です。今回は久しぶりに、薄茶を担当させていただきました。床は、朴堂和尚筆の雪月花、花入れは先生の手作りです。
b0100665_11540897.png

お客様をお迎えする前の点前座です。
b0100665_11544087.png

八重葎に早蕨の大棗(宗菻造)、輪島塗の水差(坂下幸雄造)で銘が照葉です。宮崎の照葉樹林をイメージした、濃い緑の漆です。棚は、井口海仙宗匠好みの八景棚でした。
時間が無くて、慌てて撮影したので、ちょっとピントが合っていない?ご愛敬です。

一通りのお客様が終わった後、八畳と六畳を解放して、4時から宮大の留学生の体験茶会がありました。最初に、着物体験。男女に分かれて、着物の着付けをしましたが、毎回一番人気があります。着物を着たまま、デモンストレーションと点て出しで主菓子を頂いて一服、続いてお干菓子を頂いて自服で一服、最後に点心でした。
片づけをして、帰り着いたのは8時でした。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-04-23 22:47 | 茶 道 | Comments(0)

竹 有上下節

今日は、姉弟子もお休みということだったし、仕事が午前中だけだったので、昼からお稽古に行ってきました。
まずは、茶通箱
よく考えたら、炉での茶通箱のお稽古は初めてでした。炉と風炉の違いもありますが、基本的に忘れていることが多く、四苦八苦しました。やはり、繰り返しお稽古をする必要があります。
続いて、今度の月釜を考えて、薄茶平点前
今日のお稽古は吉野棚でしたが、道具の取り合わせの関係で、月釜は八景棚になるようです。スタッフの関係でどうなるかわかりませんが、お点前をする覚悟はしておかないといけないようです。
最後に、色紙点
約1か月、お稽古を続けてきましたが、やはり難しいです。8月の社中のお茶会で茶箱をすることになっているのですが、色紙点は無理のようです。時期的にちょっと早いかもわかりませんが、月点前をしようと思っています。5月は花点前、6月は卯の花点前、7・8月で月点前のお稽古をしようと思っています。

[PR]
# by joshua0722 | 2017-04-19 16:38 | 茶 道 | Comments(2)

千春の音楽、お茶のお稽古、農作業をはじめとする日常生活


by 一春
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite